貴方は平成15年12月27日以降の訪問回数番目の訪問者です。

自剛天真流抜刀術について

題字

自剛天真流:“じごうてんしんりゅう”と読みます)


抜付
左の写真は宗家川崎先生による「初本目 流水の剣」抜きつけの瞬間です。


上の題字は石田 憲実氏書


先頭へ




現在の自剛天真流抜刀術宗家への系統は次のようになっている

渡辺久太郎覇城は自剛天真流抜刀術と柳生新影流の両方を教えていたが、柳生新影流は蒲池源三郎鎮浪に分かれて現在に至っている。

絵馬
日本古武道振興会が昭和11年に九州地方古武道型大会の折に箱崎神社に奉納した絵馬に自剛天真流”渡邊久太郎”の名前がある。

他には楊心流、大森流、長谷川英信流、二天一流、示現流、双水執流、伯耆流、根岸流、念流、新陰流、香取神刀流、 直真陰流、真陰流、眞蔭流、天道流、大和流、小野派一刀流、古流、四天流、中和流、福岡県知事、福岡日日新聞社、 國井道之(注)といった流派及びお名前を見ることが出来る。

注:國井道之(善哉)、鹿島神流第18代宗家






先頭へ